Shellcyを使って自由研究!

Shellcyを使って自由研究!

夏休みの自由研究は決まり!

自由研究のテーマに困っている方におすすめ!

Shellcyのアルカリ性を利用した色水の実験をご紹介!

まず初めに色水の作り方をご説明します。

準備するもの

・朝顔の花(蕾や破れた花びらも使えます)

・色水を作る容器(今回はプチトマトが入っていた容器を使いました)

・透明なカップ3つ(ゼリーやジャムの空き瓶など)

・ネット(ストッキングでも可)

・水150ml

手順

小学生でもできるように、難しいことはせずとても簡単な方法で進めていきます!

①色水を作成用の容器に水をいれます

②ネットに朝顔の花をいれ指でこすります

これでもう色水が出来上がります。

今回はピンク~紫系の朝顔の花を使用しました。

キレイに咲いているのを摘んでしまうのはかわいそうなので、咲き終わったものを3つ用意しました。

濃い目の色水にしたい場合は水を少なめにするのがおすすめです。

 

 実験スタート

次に3つのカップそれぞれに出来上がった色水を入れていきます。

透明容器の方が色が変わったときに見やすいです。

1つは色が変わったときに比較するように用意し、残りの2つのカップにはShellcyとレモン汁を垂らして色の変化をみたいと思います。

使用したもの

・Shellcy(ph12.5以上)

・レモン(約ph2~3)

適当なコップに水とShellcyを一振り入れよく混ぜたものと、レモン汁をいれていきます。

こちらは何もいれていない状態です↓

まずShellcyを溶いた水をスプーンでいれました。

入れた瞬間からすぐに色が変化していき、子供も大喜びです!

濃い紫色に変わりました。

 

次にカットレモンを直接絞りました。

今度は明るい赤~オレンジのような色に変わりました!

 

並べてみるととてもキレイです❀´-  

色々なもので試してみると、実験の幅が広がりますね◎

家にある調味料や果物が酸性なのかアルカリ性なのか知らべてまとめるのも、自由研究のネタとして良さそうです。
 
Shellcyを使った自由研究、ぜひお試しください♪
 

 

 

ブログに戻る